>

補助金を申請できる人の条件

どのくらいの補助金が出るのか

身体を動かすことが難しい高齢者でも快適な生活を送れるように、リフォームをするのは良いことです。
お金に余裕が無いことで悩んでいるなら、補助金を申請してください。
補助金を使えば多少リフォーム代金が高くなっても、補助金を上手く使えば予算内で納めることができます。
最大で、18万円の補助金を受け取れる制度になっています。

ですが、補助金を申請した人全員が18万円を受け取れるとは限りません。
予算や介護が必要な人のレベルによって、もらえる金額が変わります。
重症で日常生活のほとんどを誰かに助けてもらわなければいけない人がいる場合は、高額な補助金をもらえます。
ですがレベルが軽い場合は、少ない金額になると覚えておきましょう。

おすすめのリフォーム

足腰が弱っている人は、歩くことも大変になります。
廊下に手すりがあればスムーズに歩けるので、リフォームをする時に設置してください。
手すりを付けるぐらいのリフォームであれば、数万円で済ませることができます。
また内部だけではなく、外部にも注目してください。
家の前に、階段がある住宅が多いのではないでしょうか。

2段か3段の階段でも、足腰が弱っている人にとっては辛い存在になります。
リフォームをする時に、段差をなくすのも良い方法です。
作り変える部分が増えると、たくさんのお金が必要になります。
ですが補助金を申請すれば、一般的に5万円から10万円はもらえると言われています。
お金のことは深く気にしないで、リフォームを進めましょう。


TOPへ戻る